銀行でお金借りる方法について

銀行でお金借りる場合、数万程度の少額から数千万円の大口のローンまでその種類はさまざまです。

銀行は総量規制の対象外であるため、消費者金融ではお金を借りることができない専業主婦でも借りることができるなどメリットが多いです。

銀行でお金借りるときの条件としては、国内に在住で20歳から65歳までの人で継続的な収入があるかどうかが問われます。

この条件は銀行によって多少違ってきますので、借りる際には確認が必要です。

収入に関しては、パートやアルバイトなどの非正規雇用でも毎月一定額の収入があれば、借りることが可能にしているところもあります。

借りる方法については、まず本人確認の書類の提出をします。

書類としては運転免許証やパスポートなど公的な書類が求められます。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合は、現住所を証明できる公的料金の支払明細書なども添付する必要が出てきます。

また、借り入れる金額によっては、源泉徴収票や確定申告書など自分の収入を証明できる書類の提出もします。

銀行でお金借りる審査基準は加点方式の総合評価で判断

銀行の審査の仕組みとしてスコアリングがあります。

このスコアリングは審査基準に照らし合わせて加点方式でお金借りる可否と利用限度額を決定しています。

とりわけ銀行の場合は保証会社の審査を受ける必要があります。

この保証会社は系列の消費者金融や信販会社で、これら会社から保証契約を受けられることを条件に貸し出しています。

加点方式の中身としては会社員や自営業者などの職種、住まいでは賃貸マンションや持ち家所有などでポイントを加点し、トータルのポイントが高いほど利用限度額も高いことになり、審査基準に合わない場合はお金借りることもできません。

申し込み情報イコール属性を客観的に評価するものとして、審査の中心に置いています。

また、銀行は指定先となる信用情報機関に情報を登録する一方で、保証会社も別の機関に登録しています。

与信枠の評価や今後のサービスの案内など限定して登録情報を利用する訳ですが、銀行で借りるということはすべての信用情報機関に登録されることになります。

spacer