銀行から多くのお金借りる時に必要な源泉徴収票

銀行からお金借りる際には、たまに源泉徴収票を提出する事があります。本人確認書類に加えて、あえてその書面を提出する訳です。わざわざそれを提出する意義ですが、現在の収入を証明するためです。

そもそも銀行からお金借りる時には、ある程度まとまった金額での融資になる事があるのです。例えば50万円や100万円などと、比較的高い金額での融資です。

そのような金額での融資を受けるとなると、銀行としては収入を証明する書面を求めてくる事が多いです。そもそも金融会社というのは、申込者を審査します。

その審査の基準の1つは、申込者の年収なのです。ある程度まとまった年収があるかどうかは、審査で見られる事が多いです。

ですので申込み者としては書面を提出する必要がありますが、その1つが上記の源泉票なのです。というのも源泉票には、少なくとも1年分の支払金額が記載されています。

その書面を銀行に提示すれば、去年の年収を証明できる訳です。

銀行でお金借りる場合、金額次第で納税通知書等も不要です

銀行でお金借りる場合の特徴として総量規制の対象でない点があります。

この総量規制が適用されないことで得られるメリットは書類の提出が高額融資の場合以外で不要なことです。

総量規制が適用される消費者金融では借り入れの希望額が50万円を超えると、収入証明書が必要になります。

この収入証明書で該当するのは給与明細書や確定申告書、納税通知書、源泉徴収票などがあります。

納税通知書は前年度の収入に基づいて算出されるもので、お金借りる場合には証明書となるのです。

銀行ではこれら収入証明書の提出は100万円ないし300万円まで不要としているところもあり、高額融資も本人確認書類だけで可能です。

この点が消費者金融との違いであり、書類が不要な分だけ手間も省けます。

銀行の収入証明書の提出条件は会社によって異なり、提示している金額以下でも必要な時があります。

しかし、法律で義務づけられている消費者金融と違って、銀行は各社の審査の状況によって必要になるだけで、基本的には不要としています。

spacer