学生が銀行からお金借りる時に必要な学生証

銀行からお金借りる方々の状況は、様々です。中には、どこかの学校に通学をしている方もいらっしゃいます。
いわゆる学生の方々もそこからお金を借りるのを検討している事が多々あるのですが、その場合は学生証が必要になる事があります。

例えばある金融会社なのですが、学生がそこから借りる時には学生証を提示する必要があります。それを金融会社に送る方法は色々あって、その証明書をデジタルカメラなどを用いて撮影して画像データを作り、金融会社に送付する方法があります。

またコピーをして、FAXや郵送などで送ることも可能です。
ちなみに店舗にそれを持参しても構わないのですが。

そして証明書を受け取った金融会社は審査を行い、それで問題がなければ融資が実行されるという流れになります。

ただし全ての銀行からお金借りる時に、その証明書が必要になるという意味ではありません。
中にはその証明書が必要無い所もありますので、ルールは金融機関により様々という事になります。

銀行でお金借りる際の銀行印は何がよいか

日本は諸外国のようにサインの文化ではなく、押印の文化です。

契約の際には印鑑が必要とされます。
それは銀行でも同じで、お金借りる際には必ず銀行印が必要になります。

ところで、この銀行印というのはどのような種類がよいのかということですが、シャチハタ以外であれば何でもよいのです。

シャチハタは朱肉を使う必要もないので、持ち歩きにも便利で使い勝手がよいです。
しかし、シャチハタはゴム素材で出来ているため、長年使用していると変形してきたり、文字が不鮮明になってきます。

そうすると、印鑑を照合することが不可能になります。
ですからどこの銀行もシャチハタでお金借りることは認められていません。

それ以外であれば認印でよいので、何でもよいのですが、出来れば実印と銀行届出印は別々のものにしておいた方がよいです。

というのも、万が一盗難などにあったときには双方に紛失届けを出さなければなりません。
また不正に利用される恐れがあるからです。

別々にしておけば、一度に二つとも盗難に遭うリスクを避けることが出来ます。

spacer